1830円 【第1類医薬品】ロート ドゥーテスト LHa 排卵日検査薬 12回分 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 その他医薬品 第一類医薬品 1830円 【第1類医薬品】ロート ドゥーテスト LHa 排卵日検査薬 12回分 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 その他医薬品 第一類医薬品 第1類医薬品 大好評です ロート ドゥーテスト LHa 12回分 排卵日検査薬 /excarnation1602819.html,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , その他医薬品 , 第一類医薬品,1830円,evdnc.org,ドゥーテスト,【第1類医薬品】ロート,12回分,LHa,排卵日検査薬 第1類医薬品 大好評です ロート ドゥーテスト LHa 12回分 排卵日検査薬 /excarnation1602819.html,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , その他医薬品 , 第一類医薬品,1830円,evdnc.org,ドゥーテスト,【第1類医薬品】ロート,12回分,LHa,排卵日検査薬

第1類医薬品 大好評です ロート ドゥーテスト LHa 12回分 最新作の 排卵日検査薬

【第1類医薬品】ロート ドゥーテスト LHa 排卵日検査薬 12回分

1830円

【第1類医薬品】ロート ドゥーテスト LHa 排卵日検査薬 12回分




医薬品区分
一般用体外診断薬
薬効分類
その他の一般用検査薬
承認販売名
ドゥーテストLHa
製品名
ドゥーテストLHa
製品名(読み)
ドゥーテストLHa
製品の特徴
■排卵日を事前に把握することの重要性
妊娠は卵子と精子が互いに生存している時期に出会うことから始まります。女性の体内での精子の生存期間が約2~3日であるのに対し,卵子は排卵後,約24時間しか生存しないといわれています。従って,排卵の前又は直後の性交が最も妊娠しやすく,妊娠を望む上で排卵日を事前に把握することはとても大切なことです。
■排卵日がわかるしくみ(測定の原理)
黄体形成ホルモン(LH)は,女性ホルモンの一種で,普段から少量分泌されています。生理(月経)周期の中頃に短期間ですが,このLHの分泌量が急激に増加します。このLHの大量分泌をLHサージといい,LHサージから約40時間以内に排卵がおこるといわれています。「ドゥーテストLHa」は尿中に分泌されるLHを検出し,LHサージをとらえるための検査薬です。排卵を予測するための方法の一つとして基礎体温が知られていますが,基礎体温と併せて検査を行うと,より排卵日の予測の補助として有用です。
この検査薬は,LHサージを検出するもので,排卵を確認するわけではありません。6周期検査し,適切な時期に性交しても妊娠しない場合は,医師の診療を受けてください。
■キットの内容・検出感度
【内容】テストスティック1本
【検出感度】30mIU/mL
■包装単位
7回分,12回分
使用上の注意
■してはいけないこと

本品は,避妊目的に設計されておらず,検査結果が陰性であっても確実に避妊できるものではないので,避妊の目的で用いてはいけません。(本品は,排卵日予測の補助を目的とした検査薬であり,避妊目的には使用できません。性能上確実に排卵日を特定できるわけではありません。避妊法(経口避妊薬の服用等)を行っている人は検査を行わないでください。)
■相談すること

1.次の人は,使用前に医師に相談すること。
 ・不妊治療を受けている人
 ・通常の性交を継続的に行っても1年以上妊娠しない人
 ・生理(月経)周期が極端に不順又は経血量が異常など月経異常がある人
2.検査期間中,陰性が続きLHサージが確認できない場合は,早期に医師,薬剤師に相談すること。
3.この説明書の記載内容で分かりにくいところがある場合は,医師,薬剤師に相談すること。
その他の注意

■検査時期に関する注意
・1日1回検査をする場合:1日1回毎日ほぼ同じ時間帯に検査してください。
・1日2回検査をする場合:1日2回(例えば朝夕)検査をしてください。毎日ほぼ同じ時間帯に検査してください。
■廃棄に関する注意
廃棄の際は尿の付着したもの,あるいはプラスチックゴミとして各自治体の廃棄方法に従って廃棄してください。
効能・効果
尿中の黄体形成ホルモン(LH)の検出(排卵日予測の補助)
効能関連注意

用法・用量
■使用方法
[検査のタイミング]
ご自分の生理(月経)周期から換算して,次の生理(月経)開始予定日の17日前から検査を開始してください。
※すでに検査開始日を過ぎてしまった場合は,次の周期にあらためて検査開始日を決めて検査してください。
生理(月経)周期が不規則な方は最近の2~3周期の中で一番短かった周期を目安にして,次回生理(月経)開始予定日を決めてください。
*検査のしかた
検査開始日から,1日1回,毎日ほぼ同じ時間帯に検査をしてください。
(過去に検査をしてLHサージがうまく確認できなかった場合や,今回検査をしたところ陽性か陰性かの判定に迷う場合などには,1日2回検査を行うことで,よりLHサージをとらえやすくなります。)
■検査の手順
個包装を検査直前に開封し,テストスティックを取り出してください
(1)キャップを後ろにつける
(2)尿を2秒かける ※5秒以上かけないでください。
 ※紙コップ等を使用する場合は乾いた清潔なものを用い,採尿部全体が浸るように2秒つけてください。5秒以上はつけないでください。
(3)キャップをして,平らな所に置いて5分待つ
 ※10分を過ぎての判定は避けてください。
*判定のしかた
Step1 尿量確認ラインがきちんと出ているか確認しましょう!
※尿量確認ラインが出ていない場合は,正しく検査が行われていない可能性がありますので,別のテストスティックで再検査してください。
※色の濃さに関係なく,たとえ薄くても尿量確認ラインが出ていれば,正しく検査ができています。
Step2 判定窓の【判定】ラインと【基準】ラインの濃さを見比べて,陽性・陰性を判定してください。
※検査キットの判定部を以下のように判定してください。
 初めて陽性になったときが,LHサージが検出されたということであり,間もなく排卵がおこるというしるしです。
※【基準】ラインが尿量確認ラインより薄くても問題ありません。
 判定は【基準】ラインの濃さと【判定】ラインの色を比較し,行ってください。
●陽性 【基準】ラインに比べて,【判定】ラインが濃い,もしくは同等の濃さのとき。
(陽性が出たら)……LHサージが検出されました。間もなく排卵がおこると予測されます。初めて陽性になった日か,その翌日が最も妊娠しやすい時期(排卵日)です。
●陰性 【基準】ラインに比べて,【判定】ラインが薄い,もしくは出ないとき。
(陰性が出たら)……LHサージが検出されませんでした。翌日以降もほぼ同じ時間帯に陽性になるまで検査を続けてください。
再検査
尿量確認ラインと【基準】ラインの少なくとも一方が出ないとき。
その場合は新しいテストスティックを用いて,再検査してください。
※未開封のテストスティックは次回以降の検査に使用してください。(ただし,使用期限内にお使いください。)
用法関連注意
■使用に際して,次のことに注意してください。
(採尿に関する注意)
・にごりのひどい尿や異物がまじった尿は,使用しないでください。
・検査前4時間程度はできるだけ排尿しないでください。
・検査前に,水分を過剰にとらないでください。
・検査前に,多量の発汗を伴う運動は避けてください。
(検査手順に関する注意)
・採尿後は,速やかに検査を行ってください。尿を長く放置すると検査結果が変わってくることがあります。
・操作は,定められた手順に従って正しく行ってください。
(判定に関する注意)
(1)検査初日から陽性になった場合
既に排卵された可能性があります。妊娠を望む場合は,できるだけ早く性交することで,妊娠の可能性が高まります。また,陰性に変わることが確認できるまで検査を続けてください。(確認できない場合は,(3)を見てください。)
(2)検査期間中,陰性が続く場合
早期に医師,薬剤師に相談してください。
通常,排卵期に,本品を使用すると陽性となりますが,女性の内分泌的背景,例えば不規則な生理(月経)周期,短期LHサージ(12時間以内)などの原因で,まれに陽性とならないことがあります。
(3)検査期間中,陽性が続く場合
早期に医師の診療を受けてください。
妊娠,分娩後,流産後,胞状奇胎・絨毛癌等の絨毛性疾患,人工妊娠中絶後,あるいは不妊治療のための薬剤投与,内分泌障害,閉経期などでは,排卵と無関係に,陽性が続く場合があります。
(4)検査をし,その都度陽性を確認した上で適切な時期に性交しても6周期以上妊娠しない場合
妊娠しにくい原因は排卵に関する問題だけではありません。できればパートナーと一緒に医師に相談してください。
ただし30歳代後半以上の方,結婚後妊娠できない期間が長い方,早期の妊娠をご希望の方は早めに受診することをお勧めします。
成分分量
1本中
成分
分量
抗黄体形成ホルモン・ポリクローナル抗体(ウサギ)
0.49μg
金コロイド標識抗黄体形成ホルモン・モノクローナル抗体(マウス)
3.68μg
抗マウスIgG・ポリクローナル抗体(ヤギ)
0.53μg
添加物
なし
保管及び取扱い上の注意
・小児の手の届かない所に保管すること。
・直射日光を避け,湿気の少ない所に保管すること(1~30℃)。
・冷蔵庫内に保管しないこと。冷蔵庫への出し入れにより結露を生じ,検査結果に影響を与えるおそれがあります。
・品質を保持するために,他の容器に入れ替えないこと。
・使用直前に開封すること。
・使用期限の過ぎたものは使用しないこと。
【保管方法・有効期間】
室温保存 22ヶ月間(使用期限は外箱およびテストスティックの袋に記載)
消費者相談窓口
問い合わせ先:お客さま安心サポートデスク ドゥーテストLH 専用相談室
電話:0120-610-219
受付時間:9:00~18:00(土,日,祝日を除く)
製造販売会社
ロート製薬(株)
会社名:ロート製薬株式会社
住所:大阪市生野区巽西1-8-1
販売会社

剤形
その他
リスク区分等
第1類医薬品



発売元/ロート製薬  区分/【第1類医薬品】 日本製
広告文責/株式会社コトブキ薬局 TEL/0667200480文責/薬剤師 別府淑子
使用期限:期限まで1年以上のもの
「医薬品販売に関する記載事項」(必須記載事項)

【第1類医薬品】ロート ドゥーテスト LHa 排卵日検査薬 12回分

MENU

掲載メディアの紹介

KELLY5月号に掲載されました
Cheek6月号に掲載されました
雑誌『大人の名古屋』で日帰り手術が掲載されました。
1 millionに掲載されました。
雑誌『大人の名古屋』に日帰りレーザー医療の利点が掲載されました。
 
雑誌『KELLY』5月号に掲載されました。
いぬのきもち7月号に掲載されました
名古屋本に掲載されています。
ペット業界の業界新聞、「PETS REVEW(ペッツレビュー)」にレーザー治療の専門医として掲載していただきました。
アメリカの獣医師向け機関情報誌「Veterinary Practice News」です。レーザーによる手術・治療のスペシャリストとして、アメリカ獣医師の教育のための記事を書いています。
日本で活躍するレーザー外科手術医として、レーザーの基礎から各種応用手術について教育用として掲載しています。
院長が行ったレーザーを使った出血の少ない避妊手術(ノーガーゼ避妊手術) について、アメリカ獣医師教育用として解説しています。
院長が行ったレーザーを使った出血の少ない日帰りでの乳腺腫瘍手術 が、アメリカ獣医師教育用として掲載されています。

院長が獣医師教育用のDVD教材でレーザーについて教えています。

今まで知ることのなかったクラス4レーザー治療の真実
獣医師向けの猫の去勢・抜爪術の手術テクニックを教えています。
低ストレス手術への取り組み

当院では、体幹部の手術を受けたペットに従来のエリザベスカラーの代わりに術後服を採用しています。我々は、レーザー日帰り手術による身体的ストレスと精神的ストレスの軽減に加えて、術後の生活におけるストレスも減らしてあげたいと思っています。(小型犬、中型犬、猫ちゃん) なお手術場所によっては、適応外となることがありますのでご了承下さい。

Information

一般の診療の他、日帰りレーザー手術に力を入れている動物病院です

ひだまり動物病院(旧 動物レーザーセンター)のホームページへようこそ!
レーザーによる治療、去勢・避妊をはじめとした各種日帰り手術に力を入れています。もちろん内科、外科、腫瘍科などの一般診療、予防医療(各種ワクチン)なども行っています。
レーザー手術の特徴としては従来のメスと違い、痛み、出血、感染のリスク、手術後の回復が極めて早いため、手術を受けられるわんちゃん・ねこちゃんにストレスを感じさせることなく、とても安全に手術をすることができます。そのため、体力が低い高齢のワンちゃん・ネコちゃんでも術中・術後の負担が軽減できます。また、上記のメリットにより、去勢・避妊手術の他、高齢犬・猫の乳腺腫瘍や眼科手術、耳鼻科手術なども日帰り手術で行うことが可能となりました。詳細は、日帰り手術の適応症例をご覧下さい。

当動物病院は、名古屋市昭和区に位置し、名古屋市内の方はもちろん、市外(瀬戸市、長久手市、日進市、尾張旭市、春日井市、一宮市、大府市、岡崎市、あま市など)や県外(東京、埼玉、静岡、岐阜、三重、滋賀、大阪、京都、兵庫など)からも来院されている方がいらっしゃいます。

診療カレンダー


患者さん(飼い主さん)からの声

2021/09/23
10月の臨時休診ついて
2021/09/18
9月の祝日の診療について
2021/08/28
9月の臨時休診について
2021/07/22
8月の祝日の診療、臨時休診について
2021/07/21
お盆休みについて

患者さん(飼い主さん)からの声

Q.
一般的なメスの手術とレーザー手術ってどうちがうの?
Q.
前にレーザー治療や手術というものを受けたことがあるけど何が違うの?
Q.
他の専門病院とはどう違うの?
Q.
特殊な病気の患者しか診察してもらえないの?

なぜレーザー手術が従来の手術よりも有用なのか!最新情報

2016年から2017年におけるARC Journal of Anesthesiologyという論文で
レーザー手術の有利な点が明らかにされました。
掲載された研究によると、従来のメスによる手術と比較して

  • 術後の白血球(炎症や感染の時に上昇)が少ない→炎症や感染が少ない
  • 切開創からのタンパク質の喪失が少ない→傷の治りが早い
  • 痛みのレベルが少ない→術後の痛みが少なく、傷を気にしない
  • 傷跡がきれい

ということが分かりました。

参照文献:ARC Journal of Anesthesiology Volume 1, Issue 3, 2016, PP 1-8 より引用

また、麻酔中の安全性を確かめる研究では、

  • 組織侵襲が少ない→より組織のダメージが少ない
  • 自律神経系の活動を抑えられている→肉体的ストレスが少ない
  • 心拍数と血圧が抑えられている、つまり血行動態が安定している→麻酔中の身体の状態が安定

ということが分かりました。

結果として、より安全に手術が行えるといえます。

参照文献:ARC Journal of Anesthesiology Volume 2, Issue 1, 2017, PP 24-30 より引用